菊川市連合自治会

組織の紹介

菊川市連合自治会

 

 現在の菊川市連合自治会は、平成17年1月17日に旧菊川町と旧小笠町の合併により平成17年4月に設立されました。

 本連合会は菊川7地区(西方・町部・加茂・内田・横地・六郷・河城)、小笠4地区(平川・嶺田・小笠南・小笠東)より選出された各地区自治会長代表及び専任役員により構成されています。

 本連合会は、定期総会を毎年4月に開催し、月1回の定例役員会を開催しています。

 全体(129自治会)では、各自治会長による年1回の視察研修、交通安全県民運動(夏・冬)街頭広報活動により交通事故防止に取り組んでおります。

  連合自治会役員においては、視察研修、菊川市交通安全会の理事として総会・理事会を開催し、全国交通安全運動(春・秋)により交通事故防止、環境衛生自治推進協議会理事として、総会・理事会を開催し、公衆衛生及び環境浄化に関する自主的実践活動の促進を図っています。

  また、県自治会連合会、中部自治会連絡協議会、全国自治会連合会が主催する総会、大会等に参加し、他都市との情報交換を行うなど、交流を図っています。